頭痛・肩こり・腰痛・脊柱管狭窄症・坐骨神経痛を根本治療!

施術家を目指したきっかけ

櫻井 真(さくらい まこと)

整体師 鍼灸師 柔道整復師

私がこの仕事を選んだのは、中学1年の時、高所から飛び降り、足首を捻挫しました。その時に近所の整骨院で治療してもらったのがきっかけです。
治療してもらった先生が手際よく包帯を巻かれている姿に、「格好いいなー」と思っていたのを覚えています。

高校生になった時は、その時の記憶も薄れていましたが、工業高校だったので、3年になると周りが就活モードに入っていきます。

「自分は、将来何がしたいのだろう」
「人の役に立つ仕事がしたいな」
「まだ学生でいたいな…」
と悶々と考えていた時に、治療してもらった先生を思い出し、専門学校へ行くことを志望しました。

当時、福岡に学校がなく、入学するのも倍率が高かったのですが運良く東北の仙台市にある専門学校へ入学しました。

授業は、見たことも聞いたこともない言葉ばかりで、ついていけるのか不安でしたが、3年間必死に学び、無事に国家試験に合格することができました。
苦楽を共にした友人たちには今も感謝しています。

修行時代

学生時代に研修でお世話になった先生から声を掛けて頂いた院で働きました。

そこはケガをされた患者さんが多く、現在もお院長先生のことを治療家として尊敬しています。
患者さんへ気配りがあり、手技は手際よく、包帯・テーピングなどを使って治療され「男が惚れる漢」みたいな方で、そこでは教科書では学べない様な知識や技術を経験させてもらいました。

しかし、仕事に慣れ、2年過ぎたころから、職場が大きく変わりだし、多店舗に展開していくようになったのです。

とにかく忙しく、数をこなすだけの作業になっていましたが、それでも多くの患者さんを施術させてもらっていました。

しかし、そんな現状に対し、自分自信に迷いが出てきました。

・症状の他に、もう少し患者さんと対話したい
・その場しのぎでなく根本的に改善できる施術を提供したい。
・中学性の頃に治療してもらった先生のように、人に喜ばれる仕事をしたい。
・もう少し時間を掛けたら?
・もっと技術があれば!

と考えるようになり、「少しでも楽になってほしい」という気持ちはあり、先ずはいろんな本を買っては読み漁りました。

しかし、本だけでは身体や手の動きがわからないので、VHSやDVDを見まくりました。
それでも細かい動きや疑問に思うことは教えてくれませんので、沢山の技術セミナーに行来ました。

カイロプラクティックとの出会い

キネシオロジー、トリガーポイント、ペインシフト、気功、エネルギーワーク、経絡治療、オステオパシー、高電圧治療法、背骨矯正法、カイロプラクティックなど、仙台、東京、大阪、名古屋、広島、など、移動距離と費やした時間とお金はかなり使いました。
“セミナーオタク”または“職人バカ”とも言えますが・・・

そして、直感で「この本物の技術を学びたい!」と思えたた『カイロプラクティック』に出会いました。

当時、練習生が講師の先生に「右の腰が痛いです」と伝えたところ、「あなたはアゴがズレているから」と、さらっと言われた時、私の頭の中は「??」でしたが、アゴの矯正→背骨の矯正をされた後、肩の高さがそろい、身体の傾きもなくなり、本人は腰の痛みが軽減しているとの事でした。
その光景を目の当たりにした日から、「この技術で施術したい!』という思いが沸き上り、講習を受けた日の夜から見よう見まねで、枕や矯正台を使ったり、スタッフ・家族、友人にも許可を得て、カメラや鏡なども見てフォームを研究していては練習を繰返しました。

技術に自信を持つことが出来たのも、8年間お世話になったカイロプラクティックの先生のお陰です。感謝の言葉しかありません。

まごころ式整体が出来るまで

当院は2011年、生の松原に開業致しました。
おかげさまで開業から現在まで、たくさんの方にご来院され、喜びの声を頂いております。
それでも残念ながらあまり改善がみられない方も一部おられ、「もっと良いアプローチの仕方があったのではないのか?」と自分自身、不甲斐なく思っております。

一人でも多くの方に治ってもらいたい。
「100人来て100人が笑顔になって帰られる」
そう言う院を目指して、日々、知識・技術を研鑽しています。

今も人の歩き方や、立ってる人の重心線を見たり、特に人の歩いてる後ろ姿、つり革に掴まってる人の背中をじーっと見てしまいます・・・σ^_^;(変態ですね)

セミナーで習った事は実践し試行錯誤の繰返しで、それでも「治したい・・・」と言う一貫した気持ちだけはあり、
家族を無理やり練習台にしたり・・・
同僚を無理やり練習台にしたり・・・
夜中に治療用の枕を片手で持ち歩いたり・・・
8の字をひたすら描いてたり・・・
さらに、ベッド置いた箱に飛び込む練習したり・・・
辞書の中に髪の毛を挟んで、感覚を感じ取ろうとしたり・・・
そんな事を、ひたすら黙々とやってました。

何が足りないのか?
力の方向?
タイミング?
足の位置?
手の位置?
呼吸?
混乱して、悔しくて一人泣いた時もありました。

たくさんや受けたセミナーで、講義を聞き、メモをとり、動画を撮り、
練習→取入れ→捨て、練習→取入れ→捨て、数をこなして行くうちに気付いた事が、痛いところだけに手を当てても楽にならない・・・

身体の構造に着目したところ
『人間は元々アンバランス(逆三角形)である
→それを筋肉で重力に逆らって支えている
→効率よくバランス取るためには重心線(体の軸)が真っ直ぐでないと、いろんなところに負荷が掛かる
→体調不良が起こる。』

身体は何処かが悪いと、必ず違うところに負荷がかかります。それは筋肉でも内臓でも。

血の流れ(血流)・神経の流れ(シナプス伝達)・気の流れ(経絡)が悪くなり、思考もマイナス方向になります。

様々な症状、経過をみて、経験を積み、自分が納得いくものを組合わせ、自然治癒力を高め根本改善を考えて『まごころ式整体』が出来ました。

薬に頼らず、出来る限り手術をしない体づくりを考え、『根本治療』を施し、ご来院された方に喜んで頂けるような整骨院にしたいと思い、この地に開業しました。

生まれた時から備わっている『自然治癒力』を是非、体感して欲しいと思います。

あなたの身体が今よりも軽くなり、いつまでも好きな事が出来たり、これから先の楽しい未来が想像出来ませんか?
そんな想いに共感して下さった方、お身体の事は、まごころ整骨院にお任せ下さい!

友だち追加

powered by crayon(クレヨン)